避妊の失敗に備えてアフターピルも準備

一般的に知られている避妊具はコンドームですが、コンドームを正しく装着することが出来ていなかった場合や破れていた場合には、妊娠してしまう可能性があります。
望んでいない妊娠は中絶を選択せざるを得ない事になりかねません。
中絶となった場合には、心身ともに大きなダメージを被る可能性があります。
そのようなリスクを防ぐためにも、性行為後に服用することで緊急的に避妊効果を得ることが出来るものとして、アフターピルがあります。
アフターピルは性行為後24時間から72時間以内に服用することで避妊効果を得ることが出来ます。
性行為後、早い段階で飲んだほうが避妊効果は高くなりますが、性行為後すぐにアフターピルを服用しなければ効果がなくなるという事はありませんので、必要な場合には病院に相談をするようにしましょう。
アフターピルをあらかじめ用意しておくことで、万が一のリスクに備える事が出来ます。
医療機関に相談をすることで比較的簡単に手に入れることが出来ますし、通販でも購入することが出来ますが、アフターピルを服用することにより、副作用が生じる可能性もありますので、妊娠を望まないのであれば、避妊対策はしっかりと行なうべきでしょう。
アフターピルの副作用として多いのが、吐き気です。
アフターピルを服用することで、ホルモンバランスが急激に変化するため、吐き気などの副作用が生じる場合があります。
副作用のあらわれ方には個人差があります。
アフターピルを72時間以内に服用したとしても、吸収される前に吐き出してしまった場合には、効果を得ることは出来ません。
吐き出してしまった場合には、医師に相談をした上で服用をするようにしましょう。
比較的軽い副作用としては、腹痛があります。
これは、生理痛のような下腹部の痛みとして感じる人が多いようです。
多くの場合は服用後24時間以内に痛みは消失することが多いようです。
生理前に胸の張りを感じるように、アフターピルを服用後に胸の張りが見られることがあります。
いずれも、体が妊娠をしたと勘違いをしているためです。
それほど重大な副作用ではないという場合には、様子を見るという方法もありますが、気になる事がある場合には、医師に相談をするようにします。
アフターピルは保険が適用されませんので、購入費用は全額自己負担となります。
クリニックによって値段に違いがあります。
高いところと安いところとの差は3倍にもなることがあります。
あらかじめ値段を確認しましょう。